FC2ブログ

07

20

コメント

「JAの成長戦略と総合与信管理実践セミナー」開催のご案内

「JAの成長戦略と総合与信管理実践セミナー」

総合与信管理の理論と実践-

開催のご案内

(株)協同経済経営研究所

代表取締役 鈴木 充夫

拝啓、時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。

平成31年度以降、信用事業の奨励金水準の引下げに伴ってJA改革による信用事業譲渡を現実的に意識せざるを得ない状況です。総合JAとして将来に亘り、継続していくためには、総合事業として安定収益を確保することとJAが地域金融機関として地域や農業、組合員に対して金融仲介機能を十分に果たせるかが問われることになります。

総合事業としての強み、地域密着の強み、組合組織としての強みを生かした総合与信管理の実践を通じた地域金融仲介の強化を柱とした新たなJAの成長戦略の展開が出来るよう研修会を開催します。

また、JAの強みを生かした総合与信管理の実践の理論と実践に向けた実際のシステムの操作と運用、CRD協会のスコアリングサービスについても学習していきます。

つきましてはご参加のほどお願いいたします。定員は30名の枠で考えております。なお、CRD協会への加盟JAの参加が優先されますのでご了承の程よろしくお願いいたします。


■開催日時 8月 8日(水) 13時~17時30分

  8月 9日(木)  9時~17時

  8月10日(金)  9時~17時


■会  場 (一社)CRD協会 アクセスマップ

   東京都中央区日本橋人形町2丁目26−5


■受 講 料 CRD会員 25,000円

      一   般 35,000円

  ※テキスト代を含みます。別途消費税がかかります。


■対  象 JA役職員


■定  員 30名(定員になり次第、締切りとなります)


■主  催 株式会社協同経済経営研究所


■協  賛 全国共同出版株式会社


■後  援 東京農業大学総合研究所農協研究部会


■詳  細 セミナーの内容、申込方法等は案内状をダウンロードしてご確認ください。


 ●セミナー案内状(PDF) ●申込書(ワード)



スポンサーサイト

06

07

コメント

「第22回先進的リスクマネジメント研究会」開催のご案内

先進的リスクマネジメント研究会(第22回)の開催について(ご案内)

拝啓、時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
標記の研究会(第22回)を下記のとおり開催しますので、ご出席賜りますようご案内申しあげます。なお、今回は年度の更新になりますので研究会参加の有無についてご意向をいただきますようお願いいたします(年3回出席者制限なし、税別会費10万円)。
今回は、JA改革をめぐる情勢、激変する環境変化とJAの成長戦略、公認会計士監査証明への対応、債務者格付けの実施に向けた具体的検討、収益管理の高度化とエリア展開等をテーマとします。


1.開催テーマ
今回のテーマは、①JA改革をめぐる情勢と対応、②激変する環境変化とJAの成長戦略、③ITを活用した新たな成長戦略への対応、④事業伸長に向けた利用者分析とマーケティングの展開をテーマに開催します。
平成31年度以降については、信連奨励金の引き下げによって信用事業譲渡が現実の課題になってきます。とくに総合事業として継続していくためには事業利益を安定的に確保すること地域金融機関としての機能発揮と専門性の向上が重要な課題になってきます。
平成31年度以降の激変する環境変化を乗り切るためには合理化・効率化だけでは奨励金の引き下げの影響を吸収できないため、新たな成長戦略が必要になってきます。
新たな成長戦略の視点は①地域性、②総合事業であること、③組合員の利用の深化による取扱高の拡大、④リスク管理の強化による防御と取り組んでいない分野の攻めの分野の明確化とビジネスモデルの確立が重要になってきます。
現時点は将来の形態を決める分岐点であるため、平成31年度以降の環境変化を踏まえて総合JAの継続のために何を行っていくべきなのかについての検討を行っていきます。

2.開催日時 平成30年7月14日(土) 午後1時半~午後5時
3.会場  社団法人緑丘会館
      東京都豊島区東池袋3丁目1番1号 サンシャイン60 57階
         Tel: 03(3981)2340  Fax: 03(5396)4011
4.研究事項
(1)<研究事項>JA改革の動向と対応
(2)変革期における総合JAの成長戦略とイコールフッティング
 ①総合農協として生き残るための条件
 ②事業利益の維持に向けた新たな成長戦略
 ③信用事業のイコールフッティング
(3)<研究事項>ITを活用した新たな成長戦略への対応
 ①債務者格付けシステムによる与信・審査能力の向上
 ②債務者格付けシステムによると融資伸長とポートフォリオ
 ③RPAによる組合間ナレッジシェアと利活用
(4)<研究事項>利用者の見える化と分析とマーケティングへの応用
(5)その他

5.その他
 6月29日までにメールかFAXにてお知らせください。

詳しくは案内書をご覧ください

04

13

コメント

「新世紀JA研究会」第24回セミナーのご案内

平成30年度 新世紀JA研究会 第24回セミナー開催要領
~農産物の生産・販売における公的機能の役割~

1.開催趣旨 
 JAちばみどりは平成13年に合併し、今年で17年目を迎え、農産物販売高321億円を誇る首都圏における全国有数の販売JAです。当JAは「販売力」を磨き「農業」と「地域」に貢献します―を合言葉に、第2次中期経営計画・第5次農業振興方策の策定・推進のもと、生産基盤強化、販売力強化、農家所得の向上に大きな成果を上げてきています。
 一方政府は、競争強化を第一義にあらゆる規制の撤廃のため、主要農産物種子法の廃止、卸売市場法の大幅改正などを進めています。今回のセミナーでは、JAの生産・販売力強化について現地の取り組みに学び、あわせて、農産物の生産・販売分野における公的機能の役割を考えて行きます。

2.主催 新世紀JA研究会及びJAちばみどり

3.開催日時 平成30年5月10日(木)13時30分 ~ 5月11日(金)16時00分

4.参加対象者 
  JA組合長、常勤役員、非常勤役員、幹部職員(連合会含む)、及びJA青壮年部・女性部役員他

5.参加予定人員 
  定員100人(定員を超える場合は、会員を優先させていただきます。)

6.開催場所  
  絶景の宿 「犬吠埼ホテル
  〒288-0012 千葉県銚子市犬吠埼9574-1  ℡0120-31-5489

<現地視察>JAちばみどり 施設
  (1)銚子グリーンホーム(予冷施設) 銚子市新町977-1
  (2)旭フレッシュグリーン(選果施設) 旭市鎌数87

7.参加費 
  受講・宿泊・懇親会参加  会員(1名様)30,000円 会員外 35,000円
  受講・懇親会参加 会員(1名様)20,000円 会員外 25,000円
      受講のみ 10,000円

9.問い合わせ先 
   社団法人 農協協会内「新世紀JA研究会」根本、鈴木 宛て

詳しくは案内チラシ(PDF)をご覧ください。

04

13

コメント

第 55 回公開研究会 開催のご案内

第 55 回公開研究会 について(ご案内)
一般社団法人日本協同組合連携機構
拝 啓
時下ますますご清祥のこととお慶び申しあげます。日頃 当総研の事業につきまして格別のご指導・ご協力を賜り、厚くお礼申しあげます。
さて、当総研では協同組合研究誌『にじ』2018 年夏号において特集企画「持続可能な社会と協同組合の役割-持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて(仮題)」をテーマに特集を企画しております。その前段として協同組合研究者・実践家等との間で幅広く意見交換し議論を深めるため、下記のとおり第 55 回公開研究会を開催することとしました。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
敬 具

1.日 時:平成30年4月28日(土) 13:00~17:00
2.場 所:飯田橋レインボービル1階C会議室
3.テ ー マ:「持続可能な社会と協同組合の役割-持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて(仮題)」
4.報告内容:
  第1報告「持続可能な開発目標(SDGs)に対する協同組合への期待(仮題)」
   國學院大學 教授 古沢 広祐
 第2報告「農業を基軸とする持続可能な地域づくり(仮題)」
   ふくしま未来農業協同組合 代表理事理事長 菅野 孝志
 第3報告「パルシステムの『ほんもの実感!』くらしづくりアクションと SDGs(仮題)」
   パルシステム生活協同組合連合会 副理事長 吉中 由紀
5.参集範囲:協同組合の研究者、協同組合・関係団体の役職員等
6.事 務 局:日本協同組合連携機構 基礎研究部 副主任研究員 阿高あや
 
以上


03

16

コメント

「第21回先進的リスクマネジメント研究会」開催のご案内

「第21回先進的リスクマネジメント研究会」開催のご案内
(株)協同経済経営研究所
拝啓、時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
標記の研究会(第21回)を下記のとおり開催しますので、ご出席賜りますようご案内申しあげます。なお、今回は年度の更新になりますので研究会参加の有無についてご意向をいただきますようお願いいたします。
今回は、JA改革をめぐる情勢、平成31年度以降の環境変化への対応、公認会計士監査証明への対応、債務者格付けの実施に向けた具体的検討、収益管理の高度化とエリア展開等をテーマとします。

1. 今回の開催テーマ
今回のテーマは、①JA改革をめぐる情勢、②平成31年度以降の環境変化と対応、③公認会計士監査への対応、③平成31年度以降の総合事業としての収益確保④債務者格付けによる融資の伸長対策、⑤研究会による検討をテーマに開催します。
平成31年度以降については、信連奨励金の引き下げや公認会計士監査の義務付けなど、JAを取り巻く環境は大きく変わります。平成31年度以降の総合JAの維持には総合事業として事業利益の維持が必要になります。とくに収益管理、リスク管理の高度化や意識改革による経営文化の変更と経営改革が求められます。
平成31年度以降の環境変化を踏まえて総合JAとしての新たな成長戦略が必要な状況にあります。このためには支店統廃合や経済事業改革などの効率化、意識転換とともに金融機関としての機能の高度化と新たな成長に向けた取り組みが必要になってきます。
さらに、金融機能の強化・高度化と利用者の見える化、エリア戦略による成長戦略展開と対応課題の整理について検討を行っていきます。

2.開催日時:平成30年4月7日(土) 午後1時半~午後5時

3.会  場:社団法人緑丘会館 池袋サンシャインビル60 57階 会議室

4.研究事項:
(1) <研究事項>JA改革の動向と課題点
(2) 平成31年度以降の環境変化と事業利益の確保と対策
(3) <研究事項>公認会計士監査への実務的対応
(4) <研究事項>信用事業収益維持と債務者格付けの実践による融資の拡大
(5) 変革期における総合JAの成長戦略
(6) その他

5. その他
(1) 3月30日までにメールまたはFAXにてお知らせください。

詳しくは案内チラシをご覧ください。

プロフィール

全国共同出版編集部

Author:全国共同出版編集部
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad