--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

31

コメント

長編記録映画 『 天に栄える村 (仮題)』映画制作・上映支援のお願い

私たちは2009年から福島県天栄村の「天栄米栽培研究会」という農家グループの活動を撮影しています。
彼らは日本一の米の美味しさを競う「全国米・食味鑑定分析コンクール」で4年連続金賞を受賞。
また、耕作放棄田を再生するなど、村の環境を守ってきました。
この活動は、2010年1月放送 NHK・ETV特集「よみがえれ 里山の米作り」で紹介することができました。

ところが、原発事故により田畑は放射能汚染されてしまいました。
しかし、「天栄米栽培研究会」は、国や県には頼らず、自分たちの力で「米への放射能汚染ゼロ」への挑戦を始めました。
世界初の試みです。昨年12月には、NHK・ETV特集「原発事故に立ち向かう農家」(第27回農業ジャーナリスト賞受賞)として、彼らの挑戦を取材。大きな反響をいただきました。

彼らの米は、すべて放射性セシウムND(検出限界10ベクレル以下の未検出)を達成したにもかかわらず、「フクシマ」というだけで売れないのです。
そこで彼らは今年、直接、全国に出向いて消費者に会って理解してもらう活動を始めます。
私たちは、彼らの闘いを長編記録映画として、今年12月完成を目標に制作しています。
福島の農家と都会の消費者が、互いにどのように理解を深め、放射能汚染に立ち向かうかを描くことで、原発被災地を応援する映画を完成させ、全国で上映を広めていきたいと考えています。
この映画制作にご賛同いただける方々に、是非ご支援を賜りたくお願い申し上げます。

                                              (原村政樹/記録映画監督)

<< 映画制作・上映ご支援のお願い >>
制作委員会では「市民プロデューサー」として映画づくりに参加してくださる方を募集いたしております。
○個人1口5千円、団体1口1万円から。映画最後の協力タイトルにお名前を掲載させていただきます。
○個人・団体共2~4口のご支援:個人視聴用の映画DVDを1本進呈。
○団体5口以上のご支援:無料の上映会(30名程度)や勉強会でご利用いただけるライブラリー版DVDを進呈。
○個人・団体共10口以上のご支援:特別協力として映画の最後にお名前掲載。ライブラリー版DVD進呈。
※第一期 募集期間:~2012年11月末日/第二期 募集期間:~2013年1月31日まで

詳しくはこちらをご覧ください

-------------------------------------------------------------------------
☆映画制作のご支援に関する詳細は、桜映画社のホームページ“お知らせ”をご覧ください。

☆予告版(10分)をYoutubeにアップしました!
「長編記録映画『天に栄える村(仮題)』2013年2月完成予定<予告版>」
スポンサーサイト

05

11

コメント

映画情報

IMAGINE after TPP
〜未来について、映画を通して一緒に考えよう、わたしたちの暮らし〜

2012/6/1(fri)〜 6/5(tue) 

参加が問題になっているTPP、TPP参加は農業、食の安全、医療、労働、公共サービス、あらゆる分野で影響があるとされますが、具体的にわたしたちの暮らしはどう変化するのでしょう。『農業』『医療』『食の安全』などをテーマに映画を上映し、さまざまな講師をお招きしTPPを多角的にアプローチします。
不鮮明な未来の日本を、映画を通してを想像してみましょう。
 6/1 19:00~『モンサントの不自然な食べもの』 マリー=モニク・ロバン監督トーク付き★
 6/2 11:00~『お米が食べられなくなる日』 トークゲスト(監修・大野和興さん)★
 6/2 12:30~『シッコ』 トークゲスト(民医連会長・藤末 衛さん)★
 6/2 16:00~TPP TABLE TALK
 6/2 17:30~『外泊』(トークゲスト:立教大学経済学部教授、郭洋春さん)★
 6/2 19:30~『幸せの経済学』
 6/3 10:30~『幸せの経済学』 トークゲスト(「減速して生きる」著者・高坂勝さん)★
 6/3 13:00~『シッコ』 トークゲスト(ジャーナリスト・岩上安身さん)★
 6/3 16:30~『フード・インク』 トークゲスト(大地を守る会・戎谷徹也さん)★
 6/3 19:30~『ブルー・ゴールド:狙われた水の真実』
 6/4 19:00~『モンサントの不自然な食べもの』 トークゲスト(サステナ・マエキタミヤコさん)★
 6/5 19:00~『フード・インク』 トークゲスト (食政策センター・ビジョン21代表・安田節子さんと料理研究家・枝元なほみさんの対談)★

共同企画:太平洋資料センター(PARC) 協力:国際有機農業実行委員会
公式ホームページ http://www.uplink.co.jp/factory/log/004430.php

●TICKET 
★印トーク付き上映料1500円 上映のみの回1000円
3回券 3500円(ワークショップでも使えます)

●場所
アップリンクhttp://www.uplink.co.jp/info/map.html

TPP映画祭の目玉!
プレミア上映の『モンサントの不自然な食べもの』とは?
TPP参加に揺れる日本、経済のグローバル化によって日本の食卓の豊かさが失われる?食糧市場を支配する、脅威の多国籍企業「モンサント」の実態を追ったドキュメンタリー映画。
農業大国フランスで約150万人が観た本作は、「食」、ひいては「いのち」を支配し利益を追求する現在の経済システムについて、強い疑問を投げかけています。
そして作中に登場する各国の深刻な状況は、TPP締結後の日本の姿かもしれません。


『モンサントの不自然な食べもの』
監督:マリー=モニク・ロばン カナダ国立映画制作庁・アルテフランス共同製作
(2008年/フランス、カナダ、ドイツ/108分/原題:Le monde selon Monsanto)
協賛:特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(PARC)、作品社


医療:シッコ 
アメリカでは、一度大病を患えば治療費が支払われずに病死か破産。先進国で唯一国民健康保険制度のないアメリカの医療保険の実態を描いたドキュメンタリー
監督:マイケル・ムーア(2007年/アメリカ/123分/カラー/ビスタ/ドルビーデジタル・SDDS提供・共同配給:ギャガ・コミュニケーションズ×博報堂DYメディアパートナーズ)

食の安全: フードインク 

食の市場を牛耳る企業の実態を浮き彫りにしアメリカの食品産業の現状を突きつける一作。大量消費と大量生産の裏側で農業や畜産業が巨大な生産工場と化していた。
監督:ロバート・ケナー
(2009年/アメリカ/カラー/94分/アメリカンビスタ/ドルビーデジタル提供:メダリオンメディア / 協力:カフェグルーヴ/配給:アンプラグド)


ひとつの解決方法:幸せの経済学
ヒマラヤの秘境ラダックの姿を通して、本当の豊かさとは何かを説くドキュメンタリー。監督は、ローカリゼーション運動のパイオニア、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ。

監督:ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ
(2011年/68分/アメリカ/ニカラグア/フランス/ドイツ/イギリス/オーストラリア/インド/タイ/日本/中国/カラー/配給:ユナイテッドピープル)


日本の農業:お米が食べられなくなる日 
日本の米づくりを追い詰めてきたものは何か、秋田、山形、新潟、埼玉、岐阜、熊本、そして東京の生産と消費の現場を歩き、さらにはメキシコ、タイの農民の声にも耳を傾けながら、米づくりが持つ意味を考える。
(2012年/35分/制作:アジア太平洋資料センター(PARC))

労働:外泊
2007年に結ばれたFTA(自由貿易協定)によって労働の「規制緩和」が進められました。本作は、 非正規雇用の大量解雇に怒り、立ち上がった韓国女性たちの姿を追ったド
キュメンタリー
監督:キム・ミレ
(韓国2009/73分/日本語字幕)

公共サービス:ブルーゴールド 狙われた水の真実

ライフラインである水道が民営化になったらどうなるのか?世界で勃発している水戦争を考える
監督:サム・ボッゾ 
(2008年/アメリカ/カラー/80分/ビデオ/1:1.66/ステレオ 配給:アップリンク

●お問合せ:アップリンク 担当 松下TEL. 03-6821-6821
●予約方法 このイベントへの参加予約をご希望の方は、 (1)お名前 (2)人数 [一度のご予約で3名様まで] (3)電話番号 以上の要項を明記の上、 件名を「TPP日時/作品名」とし
て、 factory@uplink.co.jpまでメールでお申し込み下さい。

お問合せ: アップリンク(松下・鹿野・山下) TEL: 03-6821-6821 /
film@uplink.co.jp

プロフィール

全国共同出版編集部

Author:全国共同出版編集部
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。