FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

28

コメント

シンポジウム開催のご案内

東京農業大学総合研究所研究会会員
東京農業大学教職員・学生
農協関係者等 各位
東京農業大学総合研究所研究会 農業協同組合研究部会長 白石 正彦
GIS研究部会長 鈴木 充夫

総合JAの強みを伸ばすメカニズムと営農・経済事業マネジメントの
新ネットワーク化に関する第11回シンポジウムのご案内

 地球規模での貧富の格差拡大・貧困問題・食料問題、異常気象の周年化などが、グローバルな競争原理主導の市場経済システムの歪みや人類的課題解決を軽視した自国利益ファーストの大国政治・政策の歪みと複合化し、相乗的に深刻化が加速しています。
 一方で、これらに歯止めをかけるために、2015年の国連総会は2030年を目標に”誰も置き去りにしない”を基本理念に地球規模での経済、社会、環境の三方面を統合した持続可能な開発の取り組みを展開することを採択しました。
 このような現段階の人類的な課題解決に世界と国内の協同組合セクターがネットワークを組み取り組んでおります。協同組合セクターのまとめ役である非営利目的の国際協同組合同盟(ICA)には107ヵ国308団体、傘下の組合員は12億人が結集しており、その一翼を担う日本のJAグループは生協・漁協・森林組合・ワーカーズコープ等と日本協同組合連携機構を今年4月に創設し、地域に密着した多彩なネットワーク活動を広げています。
 本シンポジウムでは協同組合としてのJAグループの価値発揮のメカニズムとマネジメントの実態を明確化・見える化し学び合うために、“地域農業と暮らしに密着した多様な組合員参画力を土台とした「総合JAの強みを伸ばすメカニズム」と「営農・経済事業マネジメントの新ネットワーク化」”に焦点を当て、来年3月の第28回JA全国大会開催も視野に活発に論議を深めたいと考えます。
 報告者は本学から2名、JA全中から1名、総合JAから3名であり、コメンテーターは4名であり、本シンポジウム終了後には学内で交流会を予定しておりますので、農協の組合員・役職員、農協と取引関係にある関係者(本学総研の農協研究部会、GIS研究部会の会員を含む)、農協に関心のある市民、本学の教職員・学生(留学生を含む)の参加を大いに歓迎いたします。

       1.日 時:平成30年11月9日(金)13時~
       2.会 場:東京農業大学世田谷キャンパス1号館6階632教室
       3.主 催:東京農業大学総合研究所 農業協同組合研究部会、GIS研究部会
        協 賛:株式会社協同経済経営研究所、全国共同出版株式会社

※詳しくは案内状をご覧ください。

スポンサーサイト

02

09

コメント

平成29年度JC総研シンポジウム開催のご案内

平成29年度JC総研シンポジウム開催のご案内
「今、ここからはじめる地方創生 -農山村とJAの挑戦-」


●趣 旨:地方創生が政策目標に掲げられ3年が経過した今、あらためて地域づくりの「プロセス」に着目し、地域は何をすべきか、そこにJAはどう関わればよいのか、地方創生の新たなステージを展望します。
●日 時:平成30年2月27日(火)13時〜17時(12時開場)
●会 場:明治大学 リバティホール(アクセス)
     東京都千代田区神田駿河台1-1リバティタワー1F
〈プログラム〉 
 解 題:明治大学 教授 小田切 徳美 氏
 第一部:何からはじめるべきか ーワークショップの可能性ー
  講 演 ワークショップとは何か 弘前大学 准教授 平井太郎氏
  実践報告 ①和歌山県農林水産部  共同活動班長 中西一宏氏
       ②長野県JA松本ハイランド 代表理事専務理事 松澤幹夫氏
  クロストーク 
       ワークショップで切り拓く地域の未来
       平井太郎氏×中西一宏氏×松澤幹夫氏
 第二部:地方創生の新たな挑戦 ープロセス重視の展開ー
  講 演 ①地方運営組織の可能性と課題 大分大学 准教授 山浦陽一氏
      ②関係人口〜風の人の役割  フリージャーナリスト 田中輝美氏
      ③継がれる地域の仕事 日本農業新聞 記者 尾原浩子氏
  クロストーク 
       まち・ひと・しごと創生
        山浦陽一氏×田中輝美氏×尾原浩子氏
        ◎コメンテーター 法政大学 教授 図司直也氏
                 鳥取大学 教授 筒井一伸氏
●参加費: 無料(事前申し込みをお願いいたします)
●定員 : 400名(先着順 ※定員になりしだい締め切ります)
●お申込方法:氏名・所属・住所・電話番号を明記の上、
       ファックスもしくはメールにてお申し込みください。
●お申込み・問合せ先:一般社団法人JC総研 基礎研究部
           担当 小川/郡山/ニイジン
           ファックス 03-3268-8761
           Eメール shinpo(a)JC-so-ken.or.jp 
                                             ※(a)を@に変更してください
           電 話   03-6280-7252



01

27

コメント

平成27年JC総研シンポジウム開催のご案内

JC総研では下記のとおり「平成27年度JC総研シンポジウム」を開催いたします。
年度末でご多忙の折とは存じますが、是非ご参集いただきたくご案内申し上げます。

         記
名称:平成27年JC総研シンポジウム

テーマ:「産業・なりわいづくりと農山村再生」-地方創生の課題- 

目的:農山村における「地方創生」の焦点となっている産業や「なりわい」づくりについて、各地の取り組みを取り上げ、JAグループ・大学・NPO法人などサポートする側の積極的な支援のあり方を考える。

構成:*第1部「基調講演・報告」
・解題    小田切徳美(明治大学農学部 教授)
    ・基調講演  筒井一伸 (鳥取大学地域学部 准教授)
    ・実践報告  ①居長原信子氏(高知県 ㈱十和おかみさん市代表取締役社長)
           ②玉井常貴氏(和歌山県 農業法人㈱秋津野代表取締役社長)
           ③渡部浩忠氏(愛媛県 JAおちいまばり常務理事)
   *第2部「研究者の見方・パネルディスカッション」
    ・研究者の見方
       ①西山未真氏(千葉大学大学院准教授)
       ②岸上光克氏(水産大学校講師)
       ③千葉あや氏(JC総研副主任研究員)
    ・パネルディスカッション
       コーディネーター 図司直也氏(法政大学現代福祉学部准教授)
       パネリスト 居長原信子氏、玉井常貴氏、渡部浩忠氏、神代英昭氏(宇都宮大学農学部准教授)

日時:平成28年3月5日(土)開場12:00、開会13:00、終了17:30

会場:明治大学リバティホール

定員・参加費:定員400名、参加費無料

申込締切:平成28年2月22日(月)

詳細:案内チラシ(PDF)



12

14

コメント

第2回日本ジビエサミット開催のご案内

特定非営利活動法人日本ジビエ振興協議会は、平成28年2月11日(木)~13日(土)、農林水産省、厚生労働省、環境省、福岡県、全国農業協同組合中央会、全国農業協同組合連合会、在日フランス大使館に後援いただき、福岡県内で第2回日本ジビエサミットを開催いたします。

■開催概要
メイン会場:アクロス福岡(福岡県福岡市) イベントホール(地下2階)
開催日:平成28年2月11日~13日
日程(予定):
11日 食肉処理施設の現地視察、シカ・イノシシの解体講習、ジビエ料理講習
12日 講演、基調報告、セミナー、機器等の展示
13日 基調報告、セミナー、機器等の展示
テーマ:伝統食から外食産業へ –有害捕獲から地域・産業資源としての捕獲への転換-
【基調報告のテーマ(予定)】
・衛生管理の注意点と対応策
・狩猟の魅力と食肉利活用
・流通・外食産業から見たジビエの魅力と課題
【セミナー内容(予定)】
・有効活用対策に関する都道府県担当者による情報交換会
・ジビエとワインの相性を探る
・食用を前提とした捕獲方法のポイント
・シカ、イノシシのはく皮、部位解体のポイント
・鳥獣被害対策、六次産業化とJAの取り組み
・ペットフードと皮革の可能性と課題
・食肉処理施設設計のポイントと整備すべき機器
・真空低温調理の特徴と調理メニュー
・国産ジビエ流通規格検討協議会の取り組み
*一部、講師、発表者が未定となっていますが、決まり次第更新させていただきます。
【申込】
現地視察、料理講習、基調講演、基調報告、セミナーとも定員制となっています。参加申込は先着順とさせていただきますので、最終締め切り日前であっても定員になり次第お申し込みを終了させていただきます。

申込はこちらからどうぞ

案内チラシ

関連URL
『農業協同組合経営実務』12月号掲載記事
日本ジビエ振興協議会

04

07

コメント

日本農業労災学会・東京農業大学総研 第2回シンポジウムのご案内

日本農業労災学会・東京農業大学総研 第2回シンポジウムを下記のとおり開催いたします。



1 開催日:2015年5月15日(金)10:30~17:25

2 会 場:東京農業大学・世田谷キャンパス(マップ
      農大アカデミアセンター地下1階・横井講堂(東京都世田谷区桜丘1-1-1)

3 主催団体:日本農業労災学会・東京農業大学総研研究会3研究部会
  (労災対策研究部会・就農者推進教育研究部会・農業協同組合研究部会)

4 後援団体:全国農協中央会・日本農業新聞

5 テーマ:「農業法人経営における農業労災のマネジメントと補償対策」

6 参加費:3,000円 *交流会参加者は別途費用がかかります。

7 申込方法:4月28日(火)までに事務局へ申込み下さい。

* 詳しくは日本農業労災学会ニュースレター第2号をご覧ください。

*日本農業労災学会事務局(キリン社会保険労務士事務所内)
 TEL:042(316)6420 FAX:042(316)6430
 E-mail:irikiin(a)kirin-office.com
 公式ホームページ


プロフィール

全国共同出版編集部

Author:全国共同出版編集部
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。