FC2ブログ

06

07

コメント

「第22回先進的リスクマネジメント研究会」開催のご案内

先進的リスクマネジメント研究会(第22回)の開催について(ご案内)

拝啓、時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
標記の研究会(第22回)を下記のとおり開催しますので、ご出席賜りますようご案内申しあげます。なお、今回は年度の更新になりますので研究会参加の有無についてご意向をいただきますようお願いいたします(年3回出席者制限なし、税別会費10万円)。
今回は、JA改革をめぐる情勢、激変する環境変化とJAの成長戦略、公認会計士監査証明への対応、債務者格付けの実施に向けた具体的検討、収益管理の高度化とエリア展開等をテーマとします。


1.開催テーマ
今回のテーマは、①JA改革をめぐる情勢と対応、②激変する環境変化とJAの成長戦略、③ITを活用した新たな成長戦略への対応、④事業伸長に向けた利用者分析とマーケティングの展開をテーマに開催します。
平成31年度以降については、信連奨励金の引き下げによって信用事業譲渡が現実の課題になってきます。とくに総合事業として継続していくためには事業利益を安定的に確保すること地域金融機関としての機能発揮と専門性の向上が重要な課題になってきます。
平成31年度以降の激変する環境変化を乗り切るためには合理化・効率化だけでは奨励金の引き下げの影響を吸収できないため、新たな成長戦略が必要になってきます。
新たな成長戦略の視点は①地域性、②総合事業であること、③組合員の利用の深化による取扱高の拡大、④リスク管理の強化による防御と取り組んでいない分野の攻めの分野の明確化とビジネスモデルの確立が重要になってきます。
現時点は将来の形態を決める分岐点であるため、平成31年度以降の環境変化を踏まえて総合JAの継続のために何を行っていくべきなのかについての検討を行っていきます。

2.開催日時 平成30年7月14日(土) 午後1時半~午後5時
3.会場  社団法人緑丘会館
      東京都豊島区東池袋3丁目1番1号 サンシャイン60 57階
         Tel: 03(3981)2340  Fax: 03(5396)4011
4.研究事項
(1)<研究事項>JA改革の動向と対応
(2)変革期における総合JAの成長戦略とイコールフッティング
 ①総合農協として生き残るための条件
 ②事業利益の維持に向けた新たな成長戦略
 ③信用事業のイコールフッティング
(3)<研究事項>ITを活用した新たな成長戦略への対応
 ①債務者格付けシステムによる与信・審査能力の向上
 ②債務者格付けシステムによると融資伸長とポートフォリオ
 ③RPAによる組合間ナレッジシェアと利活用
(4)<研究事項>利用者の見える化と分析とマーケティングへの応用
(5)その他

5.その他
 6月29日までにメールかFAXにてお知らせください。

詳しくは案内書をご覧ください

スポンサーサイト

プロフィール

全国共同出版編集部

Author:全国共同出版編集部
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad