FC2ブログ

02

09

コメント

地域発信型プロジェクト「JIMOT CM COMPETITION」 CMアイデア募集開始

島ぜんぶでおーきな祭
JIMOT CM REPUBLIC 2018
CMアイデア募集開始

島ぜんぶでおーきな祭 広報・宣伝チーム

 島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭(2018年4月19日~22日)恒例の地域発信型プロジェクト「JIMOT CM COMPETITION」が今年は「JIMOT CM REPUBLIC 2018」と名称変更、装いも新たに実施され、1月22日からいよいよCMアイディアの募集が始まります。
 このプロジェクトは海外を含む地元のアイディア発案者たちと、そこに住む“住みます芸人”、よしもとスタッフらが交流しながら、各地のCMを一緒につくりあげ、地方の魅力を伝えようという試みです。過去8回行われましたが、今回は、大切なものや気持ちの詰まった「じもとのちから」をさらに、みらいの子どもや人々に受け継いで欲しいという思いを込めて
 (1)「SDGs」をテーマに設定(世界共通17の目標達成の実現にむけたきっかけ作りのために)
 (2)SNSでの応募を実施(より多くの人が参加できるよう)
と2つの点を改良し、よりバージョンアップしたプロジェクトにしたいと考えています。

「JIMOT CM REPUBLIC 2018 募集要項」
主催:沖縄国際映画祭実行委員会 ©沖縄国際映画祭/よしもとラフ&ピース

この企画は、一般の人から地元の魅力を盛り込んだCMのアイディアを募集し、各部門の優秀作については、よしもとスタッフらが実際のCMに仕上げるお手伝いをするものです。CMは、島ぜんぶでおーきな祭(4月19日~22日)のイベントで上映し、各部門のグランプリ作品が選ばれ賞金が授与されます。

【実施部門】
 ①全国46都道府県の作品(優秀作5作品をCM制作、グランプリ賞金47万円)
 ②沖縄県全41市町村の作品(優秀作41作品をCM制作、グランプリ賞金41万円)
 ③アジア・ASEAN諸国の作品(優秀作10作品をCM制作、グランプリ賞金未定)
【テーマ】
 CMアイディアのテーマは、吉本興業グループが普及に取り組むSDGs(持続可能な開発目標)にちなんで、SDGs「みらいへつなぐ、じもとのちから」です。参加者の身近なところにある、みらいへ残したいものを映像に収めてCMをつくります。よしもとのSDGsへの取り組みについては、コチラをご覧ください。
【応募方法】案内チラシをご確認ください。 
【スケジュール】
  募集期間: 1月22日(月)~3月4日(日)/審査期間:3月5日(月)~
  CM制作作品発表:3月中旬
【本件についてのお問合せ】
島ぜんぶでおーきな祭 広報・宣伝チーム(株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー) 
担当:永井・大竹(03-3209-8290)


02

09

コメント

平成29年度JC総研シンポジウム開催のご案内

平成29年度JC総研シンポジウム開催のご案内
「今、ここからはじめる地方創生 -農山村とJAの挑戦-」


●趣 旨:地方創生が政策目標に掲げられ3年が経過した今、あらためて地域づくりの「プロセス」に着目し、地域は何をすべきか、そこにJAはどう関わればよいのか、地方創生の新たなステージを展望します。
●日 時:平成30年2月27日(火)13時〜17時(12時開場)
●会 場:明治大学 リバティホール(アクセス)
     東京都千代田区神田駿河台1-1リバティタワー1F
〈プログラム〉 
 解 題:明治大学 教授 小田切 徳美 氏
 第一部:何からはじめるべきか ーワークショップの可能性ー
  講 演 ワークショップとは何か 弘前大学 准教授 平井太郎氏
  実践報告 ①和歌山県農林水産部  共同活動班長 中西一宏氏
       ②長野県JA松本ハイランド 代表理事専務理事 松澤幹夫氏
  クロストーク 
       ワークショップで切り拓く地域の未来
       平井太郎氏×中西一宏氏×松澤幹夫氏
 第二部:地方創生の新たな挑戦 ープロセス重視の展開ー
  講 演 ①地方運営組織の可能性と課題 大分大学 准教授 山浦陽一氏
      ②関係人口〜風の人の役割  フリージャーナリスト 田中輝美氏
      ③継がれる地域の仕事 日本農業新聞 記者 尾原浩子氏
  クロストーク 
       まち・ひと・しごと創生
        山浦陽一氏×田中輝美氏×尾原浩子氏
        ◎コメンテーター 法政大学 教授 図司直也氏
                 鳥取大学 教授 筒井一伸氏
●参加費: 無料(事前申し込みをお願いいたします)
●定員 : 400名(先着順 ※定員になりしだい締め切ります)
●お申込方法:氏名・所属・住所・電話番号を明記の上、
       ファックスもしくはメールにてお申し込みください。
●お申込み・問合せ先:一般社団法人JC総研 基礎研究部
           担当 小川/郡山/ニイジン
           ファックス 03-3268-8761
           Eメール shinpo(a)JC-so-ken.or.jp 
                                             ※(a)を@に変更してください
           電 話   03-6280-7252



02

09

コメント

平成29年度JA共済総研セミナー 開催のご案内

平成29年度JA共済総研セミナー
超高齢社会における地域の対応と若者の還流による効果を求めて
~対馬市における地域包括ケアと域学連携の取組みより~
を下記の通り、開催いたします。


開催日時:平成30年3月9日(金)13時00分~16時40分(12時15分開場)
会 場:JA共済ビル カンファレンスホール(アクセス)
   東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル1階
テーマ:超高齢社会における地域の対応と若者の還流による効果を求めて
    ~対馬市における地域包括ケアと域学連携の取組みより~
趣 旨:高齢化・過疎化が進む地域への対応として、「域学連携」をキーワードに大学生など若年層を担い手とした地域再生・活性化にかかる持続的な取組みの可能性が期待されています。本セミナーでは、「ケア」と「若年層世代の活用・還流」といった現代地域社会における重要なファクターへの長崎県対馬市の取組みと今後の展望を探ることにより、地域再生・活性化の一つの道筋を考えていきます。
参加費:無料(事前の申込みが必要です)
定 員:150名(定員に達し次第、受付を締め切ります)
登壇者(予定):
【現地報告】①比田勝 尚喜 氏(対馬市長)
      ②桑原 直行 氏(対馬市医療統括官)
      ③前田 剛 氏(対馬市しまづくり推進部市民協働・交通対策課 主任)
【基調講演】西村 周三 氏(医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構 所長、
              年金シニアプラン総合研究機構 理事長)
その他:セミナー終了後に懇親会を予定しています(事前の申し込みが必要です)
お問合先:JA共済総研調査研究部 TEL:(03)3262-9658

詳しくはこちらをご覧ください

10

15

コメント

シンポジウムのご案内

地域特性を発揮する総合農協のビジョン再構築と
営農指導・営農経済事業の高度化システムに関する
第10回シンポジウムのご案内

東京農業大学総合研究所研究会
農業協同組合研究部会長 白石 正彦
GIS研究部会長 鈴木 充夫

 日本の食料・農業・農村は、人口減少・高齢化や担い手農業者の世代交代、さらにTPP/EPAなど弱肉強食のグローバルな規制緩和や農協への不公正な介入政策、食料自給率低下への懸念、IOTなどの情報技術革新、農業の6次産業化、農と食の地産地消活動の広がり、市民における農の多面的価値の重視傾向、世界的に和食への関心の高まりなど、大きな転換期を迎えています。
 本年度のシンポジウムは、“多様な担い手経営体の持続的な農業所得増大”を重視して「地域特性を発揮する総合農協のビジョン再構築と営農指導・営農経済事業の高度化システム」をテーマに開催します。

1.日 時:平成291120日(月)13時~

2.会 場:東京農業大学世田谷キャンパス1号館 541教室 

3.主 催:東京農業大学総合研究所 農業協同組合研究部会、GIS研究部会

  協 賛:株式会社協同経済経営研究所、全国共同出版株式会社

4.参加申込み方法

 別紙参加申込書に必要事項を記入の上、1113()までに下記の電子メールまたはFAX宛てに送信してください。

5.参加費:シンポジウム 無料/(交流会 3,000円)

6.シンポジウムの進行

1)テーマ:「地域特性を発揮する総合農協のビジョン再構築と営農指導・営農経済事業の高度化システム」

2)13:0013:05:開会のあいさつ

3)13:0513:15:第1報告

  テーマ「“総合農協の組織力と事業経営力を相乗的に発揮するビジョン再構築と営農指導・営農経済事業の高度化システム”の論点について」

講師:白石 正彦(東京農業大学 名誉教授、総研研究会農業協同組合研究部会長)

4)13:1513:30:第2報告

  テーマ「“地域特性発揮の総合農協のJA営農指導事業システムの高度化方策-農地中間管理機構と地域農業の動向を踏まえて-」

講師:鈴木 充夫(東京農業大学 客員教授、総研研究会GIS研究部会長、()協同経済経営研所所長

5)13;3014:05第3報告

  テーマ「JAグループにおける“単位JA機能を補完する連合組織の地域特性発揮のTAC推進活動-Z-GISの開発と普及を中心に-」 

   講師:宗 和弘(JA全農 耕種総合対策部TAC推進課)

6)14:0514:40第4報告

  テーマ「集落営農組織にてSGISを活用した農地管理・持続的な集落営農への取り組み -茨城県茨城町の駒場営農組合を中心に-」

   講師:長谷川 重幸(茨城県・駒場営農組合代表、茨城県県議会議員)

<休憩>14:014:50

7)14:5015:25:第5報告

  テーマ「東北中山間平地農村地域の“地域特性発揮の総合農協のビジョン再構築と営農指導・営農経済事業システムの高度化の現状と課題” -岩手県・JAいわて花卷を中心に-」

  講師:阿部 勝昭(岩手県・JAいわて花卷 代表理事組合長)

8)15:2516:00:第6報告

  テーマ「“大都市の地域特性発揮の都市型総合農協のビジョン再構築と営農指導・営農経済事業システムの高度化の現状と課題-東京都JA世田谷目黒を中心に-」

   講師:飯田 勝弘(東京都・JA世田谷目黒 経営役員会会長)

9)16:0016:40:コメント

コメンテーター:堀部 篤(東京農業大学准教授、総研研究会農業協同組合研究部会幹事)

梶井 功(東京農工大学 名誉教授)

勝又 博三(JC総研 理事長)

松岡 公明(農林年金 理事長)

<休憩>164016:50

1016:5017:40:一般討論

1117:4017:45:閉会のあいさつ

 

7.交流会:1718号館1階「レストランすずしろ(松木家」) 18:0019:40

電話:03-3420-4116  交流会会費:3000


詳しくは案内チラシをご覧ください



10

06

コメント

第20回先進的リスクマネジメント研究会開催のご案内

先進的リスクマネジメント研究会(第20回)の開催について(ご案内)

(株)協同経済経営研究所

代表取締役 鈴木 充夫 

拝啓、時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
標記の研究会(第20回)を下記のとおり開催しますので、ご出席賜りますようご案内申しあげます。なお、今回は年度の更新になりますので研究会参加の有無についてご意向をいただきますようお願いいたします。
今回は、JA改革をめぐる情勢、平成31年度以降の環境変化への対応、公認会計士監査証明への対応、債務者格付けの実施に向けた具体的検討、収益管理の高度化とエリア展開等をテーマとします。


1.今回の開催テーマ
今回のテーマは、①JA改革をめぐる情勢、②平成31年度以降の環境変化と対応、③公認会計士監査への対応、③債務者格付け研究会による検討をテーマに開催します。
平成31年度以降については、信連奨励金の引き下げや公認会計士監査の義務付け、バーゼルⅢの完了等、JAを取り巻く環境は大きく変わります。平成31年度以降の総合JAの維持と継続に向けてその影響を評価し、対応を図ることが必要になります。とくに収益管理の高度化や意識改革による経営文化の変更と経営改革が求められます。
また、信用事業の継続に向けて、公認会計士監査への対応についての対応と内部統制の有効性確保に向けた対応策について検討します。さらに、貸出の伸長が地域金融機関の仲介機能として求められるなかで債務者格付けの実施に向けた検討組織の組成と実施に向けた課題の整理と対応策について検討を行っていきます。

2.開催日時  平成29年10月14日(土) 午後1時半~午後5時

3.会 場 社団法人 緑丘会館 東京・池袋 サンシャインビル60 57階 会議室
  〒170-6057 東京都豊島区東池袋3丁目1番1号 サンシャイン60 57階

4.研究事項
(1)<研究事項>JA改革の動向と課題点
(2) 平成31年度以降の環境変化と総合JAの維持と継続
(3) <研究事項>公認会計士監査への実務的対応
(4) <研究事項>債務者格付けの実施と実践
(5) その他

詳しくは案内チラシをご覧ください。


プロフィール

全国共同出版編集部

Author:全国共同出版編集部
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad